Home » 店主 福田晴之のご紹介

店主 福田晴之のご紹介晴れコーヒー

店主 福田晴之のご紹介「ふくちゃんはこんな経歴」

こんにちは!ふくちゃんこと、福田晴之です。
1972年生まれの団塊ジュニアです。
社会人に初めになったのは、20歳のとき、東京ディズニーランドで働いたことから始まります。
パーク内の清掃(カストーディアル)から始まった仕事も、3年後、ディズニーのビデオ制作へキャリアを変えていきました。
こんな僕も、ディズニーの元キャストなんです。

それもディズニーユニバーシティを受講した後、ディズニーで新人教育をするトレーナーにもなりました。
ディズニーには延べ5年間いました。

そして25歳には、僕はIT業界の世界に入りました。
インターネット関連の仕事をそれから約10年強やってます。
エンジニア(技術者)ではなく、企画する人ですね。

さまざまなサイトやインターネットの企画、運営などに従事してきました。
肩書きをあえて言うと、僕は自分で「ウェブマジシャン」って思ってます。
ディズニーの言葉から借りると、「It`s magical !」とばかりに夢とユーモアを乗せて
サイトを立ち上げ、運営しています。

でも、
自分でこの「晴れコーヒー」の販売サイト内で言うのもとっても変ですが、僕の肩書きはコーヒー屋さんやカフェを運営する人とは、まだまだ言えないです。
またまだ、コーヒーの勉強勉強です。
あくまでも、インターネットというバーチャルな世界を卒業し、これからアナログの世界のカフェ運営やコーヒーの世界に入りたいと夢を持って始めたばかり・・・って感じです。

コーヒーの専門家ということではありません。

自分で海外のコーヒー農園から生豆を仕入れて、自分で焙煎しはじめたのが、2007年です。
初めは、コーヒーの販売をするのが目的ではなく、
自分がコーヒーが好きなので、「うまい!」って心底思うコーヒーを僕の周りの友達や家族に飲ませてあげたい、「身体や地球」に安全、安心のコーヒーを飲みたいし、大切な友達や家族に飲ませてあげたい!という気持ちから焙煎して、無料でお福分けしておりました。
そこから評判になり、「友達や家族の友達が、このコーヒーほしい、飲みたい!」いうことになり、コーヒー豆の販売ホームページを立ち上げました。

その中で、出会えたり、知ることができた「うれしいこと」「心地いいこと」「おいしいこと」を
大切な周囲の人と共有できたらと思い、この焙煎コーヒー豆の販売サイトを続けてこられ、やっと本業化してきました。

僕の周囲の大切な人との共有から始まり、
僕がお会いしていない方々にも、少しずつでも共有が広がって行ったら、
とってもうれしいことですね。

このサイト内で、能書きや理屈をたくさん偉そうに僕は語っていますが、今勉強して得たことを表現したり、
感じていることをそのまま素直に表現していて、素人っぽい言葉ですが「晴れコーヒー」の心地よさを少しでも知っていただきたい表れですので、やさしい心でお読みいただけたら、うれしいです。

ふくちゃんとコーヒー焙煎との出会い

僕がコーヒーに興味をもったのは、今、僕の奥さんとなったヒロとの出会いからが始まりです。
それは2006年の3月くらいですね。

その当時、ヒロは沖縄の国際通りでオーガニックのカフェ「ゆんたくサロン SunoLuno」をオーナーとして運営していました。
今は沖縄のカフェは辞めて、僕と結婚したので、東京で一緒にくらいしています。

そんな彼女と休日には、東京のカフェからカフェへ、喫茶店から喫茶店へと散歩して、多くのカフェや喫茶店でコーヒーを味わうようになったのが僕とコーヒーとの出会いですね。
自由が丘、奥沢、九品仏、尾山台、等々力、二子玉川、都立大学、学芸大学、中目黒、代官山、渋谷、恵比寿、青山、神楽坂、白金、麻布十番、広尾、目黒、旗の台、武蔵小山、高円寺、阿佐ヶ谷、吉祥寺、三鷹、下北沢、横浜、鎌倉、江ノ島、鵠沼海岸、藤沢、茅ヶ崎、小田原、大井町、品川、五反田、大崎、戸越、中延、お台場、舞浜、新浦安、日立、勝田と雰囲気やコーヒーがおいしいと評判を聞くと、散歩と称し、すぐに行って味わうことが僕らの趣味となりました。

そうやってたくさん評判のコーヒーを飲むにつれて、自分でコーヒーを焙煎したいと思い、多くの本を読みながら、焙煎の勉強を始めました。そして、カフェのオーナーであったヒロやSunoLunoのバリスタさんだった優ちゃんから指導してもらい、今、焙煎やコーヒーの勉強が続いています。

ちなみに、
優ちゃんは今、沖縄のやんばるで旦那さまパパイヤとコーヒーの農園をされています。
農園では、パパイヤとかコーヒーとかを無農薬で大地の力で育ててます。

「晴れコーヒー」の名前の意味

「晴れコーヒー」とは、僕の名前の「晴」と、僕の好きなハワイの言葉の「hale=家・屋」から銘銘しました。

甘いフルーティな香りから、飲むと気分がすぅーっと晴れてくるコーヒー豆を選んでいることも気持ち的に含んでいます。

気持ちが晴れ晴れするコーヒー屋さんってことです。

「晴れコーヒー」の名前の誕生は、こういったことだったんです。

インターネットのバーチャルの世界を卒業したといいながら、店舗で対面でお客さまとお話したり、販売するのではなく、ネットショップで自己紹介、商品説明、商品販売をすることになりまして、自己矛盾も感じております。
しかし、将来的に実際の店舗を持てるように、コーヒーの勉強に精進していこうと思っており、このネットショップもお客さまのご意見やお声を大事にし、双方の会話を感じながら、顔が見えるホームページにしていこうと思っております。
これからも、よろしくお願いいたします。

おいしく、身体にも心にも良いこのコーヒー豆をあなたに「お福分け」いたします。

キャンペーン中!

ハワイコナ購入

ご利用決済

焙煎・発送カレンダー

★オススメ

Copyright(c) 2007-2011 晴れコーヒー All Rights Reserved.

ハワイ